カテゴリ:生涯学習( 36 )

「香蘭社」で英語のお勉強

f0009781_23342437.jpg


香蘭社の黄色い小鉢5客が我が家にやってきました。
ちょっと高級感あふれる木箱にはいって。

ちょうど20年近く前に買った香蘭社の大鉢がひび入っているのを大切に使っていたのに
ある日家に帰ってみると、あわれ、まっぷたつ!
とても残念で寂しがっていたところへ、お友だちのように加わってくれました。

新しい食器が加わると、とてもうれしい。
生活に彩り、ゆとり、ちょっとしたスパイスを加えてくれるようです。

同じ食事のメニューでも、よそうお皿によって見え方はグンッと変わりますよね。


さて、木箱に一緒に入ってきた香蘭社のリーフレット。
見ると日本語を含め、中国語・韓国語・英語・フランス語の五カ国語で説明が書かれています。

うーん、国際的!

それでは、この身近な教材で英語と日本史のお勉強。

Let´s study English & Japanese modern history !


Eizaemon Fukagawa I started making ceramics about 300 years ago in Arita, Saga.

During the turmoil of the Meiji Restoration, the Fukagawa family lost the patronage

and support of the Saga Nabeshima clam.

Under such challenging circumstances, Eizaemon Fukagawa VIII founded

an organization consisting of excellent potters, painters and pottery traders.

This is the origin of Koransha.


(ここまでの日本語の説明です。)

初代深川栄左衛門が有田で陶磁器の製造をはじめたのが、江戸文化が花開いた元禄の頃。

およそ三百年前のことです。 やがて日本にも近代化の波が訪れ、明治維新の激動期には、

これまで有田焼を支えてきた佐賀鍋島藩の一切の保護と支援を失ってしまいます。


(それでは後段です。)

Since 1875, Koransha has been awarded honorary gold medals at world expositions.

Winning recognition abroad, Koransha was honored to be assigned as a purveyor

to the Department of the Imperial Household in 1896. The variety of patterns

and traditional beauty of Arita ceramics with multicolored overglaze painting

are called the Kouransha style, and enjoy considerable popularity.


(後段の日本語の説明です。)


そんな中、八代深川栄左衛門は、当時の選りすぐりの陶工や絵付師、陶商たちを一つにまとめ、

結社をつくりました。それが香蘭社のはじまりです。明治八年の発足以降、世界各国でひらかれた

万国博で数々の名誉金牌を受賞。海外でその評価を高めるとともに、明治二十九年には、

宮内省御用達の栄を授かり今日に及んでいます。

有田色絵磁器の多様な文様を集大成し、時代とともに進化する伝統美は、「香蘭社スタイル」

「香蘭社調」と称され、国内外で広く愛されています。

(終)

陶磁器の製造を続けるため、この時期海外にも出て行って積極的に商品をセールスしたことで、
日本文化を大いに紹介し、フランス印象派絵画にも影響を与えたのはよくご存じですね。

「坂の上の雲」でもそうですが、明治人はとてつもなく行動的だったように思います。

私たちもその遺伝子を受け継いでいるんだなぁ・・
〈今年の足跡〉

ブログの更新 6
読書 3
お弁当つくり 9
ストレッチ 5
コーチングセッション 2
[PR]
by yyumicoach | 2011-01-19 23:32 | 生涯学習

前田K先生のSST

本日は、大学の先輩の声掛けで参加した、前田K先生の「最期の」SST。

…と、聞いて、仕事もそこそこ、3月まで通った大学に駆け込んだ。

職場の先輩と、途中コンビニで買ったおにぎりを頬張りながら、道を走る。

コンビニ精算時、財布を職場のデスクに置き忘れたことに気づき、

先輩に謝りながら、おにぎり代を立て替えてもらい、

職場に電話をかけ、不幸にも仕事が終わらず居残っていた「男子」に、財布を金庫保管して!と頼み込んで、さらに余計な仕事を増やしたのでした(-"-;)(ゴメンネ)



そうまでして会いに行った前田先生は、SST(ソーシャル・スキルズ・トレーニング)をアメリカから日本に紹介した、第一人者といわれる方です。
(ちなみに、女性ですよ!)


SSTとは?


人が日常、難しいと感じている行動を練習し、フィードバックをもらい、改善して、実践につなげる場。数人の人たちで、グループになって行うことが多いです。専門的にいうと、認知行動療法の1つです。

例えば、

・人に頼まれ事をしたときに、断ることができるようになりたい

・初めての人と会話ができるようになりたい

・バスに1人で乗れるようになりたい

…日常の課題は、なんだってテーマになります。

コーチングに似ているね。
そう!コーチングと同じで、慣れれば1人でもできるようになります。

人と人のやりとりは、社会生活を送る上で欠かせないもの。SSTは、そうしたやりとりの練習の場でもあります。

前田先生は、近年では刑務所を中心に活動していたそうです。

やってみると、受刑者から「安心して話せた」「自分を受け入れてくれたと感じた」

そんな感想があるそうです。


そんな関係を彼らがもっと早くから持ててれば、彼らの何人かは罪を犯さずにすんだかもしれません。

彼らが犯した罪をただ責め立て、罪人扱いするのではなく、罪は罪として、彼らがその罪に向き合うためには、その人を、まず1人の人として尊重し、彼らが行動に走った思いを適切に表現できるよう支援していくことが大切なのです。

キレずに、ちゃんと伝えようね、ということ。

…どこかで聞いたことがある話。

子育てもおんなじことなんだなぁ…

子ども相手に切れちゃうお父さん、お母さん、SSTでどんな方法があるか探ることもできるのです。


前田先生のSST、初めてで最期のクラスでした。
ものすごく学んだ晩でした。
[PR]
by yyumicoach | 2009-06-10 23:09 | 生涯学習

セントリーノな1日(本当に自由な1日)


" target="_blank">「セントリーノ」は、Intel(インテル)社のTVCMでおなじみ。
我が家はみんな、この寂しいような、ゆかいな歌が大好きです。

「セントリーノ、セントリーノ、セントリーノ♪ ボクは自由に生きる~の♪」

大学のロッカーを片付けに出かけてみたら、このCMの撮影に出会ってしまった。なんと大学の校庭で、ロケしてたの!

(実は、結構撮影協力しているらしく、年末の補講中には「赤い糸」の撮影に来ていて、エキストラの給食のおばさんを募集していたし、お正月の「ものまね王」にも学校の裏が使われていたのを発見。

「この間は渡○也とタ○キーが来てたよ」とK子教授。裏から手を回して、サインをねだったらしい。「本当は、田○美○子に会いたいんだけどなぁ・・」さすがに、教授でもそれは難しいらしい。)

More
[PR]
by yyumicoach | 2009-02-06 13:56 | 生涯学習

マニアが案内するディズニーシー

f0009781_16323577.jpg

昨日は、「国家試験お疲れさま会」を有志4人で開きました。

場所は、ディズニーリゾート、ホテル・ミラコスタ。レストラン・オケアーノ。

午後1時にJR舞浜駅に集合。
ディズニーマニアを自称する友人Rに引率されて、モノレールを二駅乗り、直通改札からホテルに入ります。

写真は、ホテルエントランスから臨む、ディズニーシーのラグーン。

#へぇ…、入場料払わなくても、すっかりディズニー気分o(^-^)o

More
[PR]
by yyumicoach | 2009-01-29 16:32 | 生涯学習

国家試験、終了・・・お笑いライブ遭遇

f0009781_1326238.jpg

みなさま、暖かい応援をありがとうございました。


昨日午後、精神保健福祉士の専門科目5科目、今日の午前に共通科目8科目があり、
さきほど、精神保健福祉士の国家試験が終了しました。
(あまり一般の認知度は高くない国家資格ですが、今も、将来もとても重要な資格です。)


社会福祉士との併願受験をしている友人たちと別れて(彼等は、このあと午後に2時間半ある社会福祉士試験の専門科目が残っている)、

会場になっている池袋のサンシャインを通りぬけようとしたところ。

吹き抜けの噴水のある場所は、いろんなイベントをやっているようで
(クイズ・ヘキサゴンでもライブの様子を流してました)

中央にはマイクスタンド、その周りに客席が用意されている。


なんだ、なんだ?

誰が来るんでしょう??


お笑い系のDVD発売記念で、ライブをやるようなんです。

出演者は、マシンガンズ/禅/ロッチ/ダブルダッチ/ナイツ


知ってますぅ~??
(すみません、全然わかりません)


それでも、身近にお笑い大好き、吉本通いをしている友人がいるので
(R.アナタのことですよ(^w^))

話のネタに、ちょっと見て帰りましょう…

あと30分ほどで始まります。
人だかりも、ずいぶんできてきました。


たまには、こんな時間の使い方、許されるかなぁ・・
「よく頑張った・・・」と、神様からのご褒美なのかなぁ・・
[PR]
by yyumicoach | 2009-01-25 13:26 | 生涯学習

保育園不足

本日(12/11)の朝日新聞では、保育所不足についての記事がありました。


「政府は、待機児童の解消を少子化対策の重要課題に掲げている。(中略)
今年2月に、認可保育所などの整備で17年度までに受入児童数を現在より100万人増の300万人とする「新待機児童ゼロ作戦」を策定。」

しかし、財源についてはこのように注釈がつきます。

「年間の社会保障給付費約89兆円のうち約7割は年金や医療費など高齢者関係に充てられ、児童手当や保育所運営費など児童・家族関係は約4%だけ(06年度)。国内総生産(GDP)に占める割合も0.75%と、欧州諸国の2~3%程度を大きく下回る(03年)。」

日本の2007年度のGDPは、562.8兆円

0.75%でも4兆円ですから、決して小さな額ではないのですが、公立学校・保育園の運営・児童手当などを考えれば、あっという間に消えてしまうかもしれません。
話題の「定額給付金」の総額2兆円が、どれほど大きな金額かがよく分かりますね。

どの位、新たな財源が必要となるのでしょう。
本当に必要な費用は、いくらくらいなのでしょう。

More
[PR]
by yyumicoach | 2008-12-11 10:42 | 生涯学習

ダウン症の女流書家

資料の下調べをしていたときに出会った本、「愛にはじまる ダウン症の女流書家と母の20年」。

この本に接して、人の可能性は計り知れないと改めて感じます。

大学の図書館の分類では、「障がい」ではなく「芸術」の棚に収まっていました。
そんなことからも、この本の性格、芸術性の高さが表れていると思います。

おかげでか何故か、この数ヶ月調べていた検索に引っかからず、先日教授と調べていてやっと発見した本です。


この本は、お母様の泰子さんの文章と、20歳になる翔子さんの書で構成されていて、
巻末には、書が収録されたDVDが付録でついています(お得!)。

翔子さんは5才のときから書道の先生である泰子さんから習い、現在「小蘭」という雅号で活動されています。
現在、泰子さんのお教室で先生もしているそうです。
そこまでの修行の厳しさも、お母様の泰子さんの迷いも、この本には紹介されています。

帰り道バスの中で読んでいたら、思わず翔子さんの書に感動して涙してしまいました。
「菩薩」という書が、本当に菩薩を表したような、伸びやかで気高い様子だったのです。
しかも、すらっとした姿はどこか優しく、手を合わせた菩薩そのもの。
仏に会った・・・と思いました。

興味のある方には、どうか、この本を手にとって見ていただきたい。
本当に素晴らしい書です。

著作権もあるので、公認の別ブログから、他の作品をぜひご覧ください。

【ダウン症児の育児ブログ~派遣さんの☆ワクワク育児日記!~ 】

【東京武蔵野ちいさな旅】

・・12月には銀座松坂屋にて個展を開かれるそうです。


にほんブログ村 子育てブログへ
応援ありがとうございます。よろしければ、ポチッとお願いいたします。
[PR]
by yyumicoach | 2008-09-02 17:25 | 生涯学習

忘れ物をとりに・・

今日は、所沢警察署まで落とし物を受け取りに行ってきます。

電車の網棚に乗せたコーチングの資料、すっかり忘れて電車を降りてしまいました。
8月始めの出来事。なのに、そのことに気付いたのが、この週末。

#さあ、書類整理しよう・・・あれ?ない?ない?ないっ!!

すでに駅の遺失物管理室から、警察署へ移送された後でした。

オリンピックのうかれポンチ、ふと、我に返りました!
・・・でも、体操のお兄さん達、かっこいいなぁ^^

子どもたちのこと、言っていられません^^;

にほんブログ村 子育てブログへ
応援ありがとうございます。よろしければ、ポチッとお願いいたします。
[PR]
by yyumicoach | 2008-08-13 09:24 | 生涯学習

レポート2つアップ!

前期講義が終わった!!
・・・と思ったら、レポート提出&前期試験期間中なのです。

今年は最終学年で比較的「楽」・・・のはずですが、レポート3つ、試験3つ。
なんとか、1日1科目ずつ仕上げております。

<終わった科目>
・社会福祉援助技術総論(2,000字)・・・「人の理解について」
・医療福祉論(1,000字*2)・・・「医療制度改定」「医療ソーシャルワークの業務指針」

へなちょこ頭を総動員。

次は・・
・社会福祉調査・・・「前期に行ったアンケート調査の報告」(A4*10枚)

銀行勤務時代に挫折した統計。「Σ(シグマ)」「標準偏差」が出てきます!

へなちょこ頭は、どう振っても、カラカラと音が鳴るだけ^^;

もう家族は寝てしまいました・・・・なんとか終わればよいのですがっ!!
明日からは試験準備をしないと。
一夜漬けのできない頭はなかなか厳しいのです。


<今日、うれしかったこと>

・ダンナが帰りにビールを買ってきました。それもエビス^^

くーーーーーーーっ!!

・プランターに植えたスイートバジルの芽がでてきました。可愛いです。
この暑いのに、ご苦労なことです。命が燃えています。
この小さな命、大切にしなければ!!

はやく、大きくなーれ!
[PR]
by yyumicoach | 2008-07-25 22:57 | 生涯学習

子ども家庭支援

日本の児童虐待が、4万件を越えているのをご存じですか?

「全国の児童相談所が対応した児童虐待が07年度は過去最多の4万618件(速報値)に上ることが17日、厚生労働省のまとめで明らかになった。 」

1年間の自殺者数は、毎年3万人以上です。
交通事故死は、この10年は年間1万人を割って、昨年は6,352人との発表です。
(ただし、この死亡者数は事故発生後24時間以内の死亡のみをカウントしています。)

これらの数字と比較しても、4万件という数字の大きさが印象的です。
しかも4万件の中身は、ほぼ児童(18才未満)です。
彼らの受けた身体的・心理的ダメージを思うと、胸がつまります。
しかし、現在、彼らを一時的に収容する施設すら、定員を超えている状態です。

ewomanというサイトで、児童相談所につとめる心理士さんのインタビューが載っていますので、紹介します。現状ある問題を俯瞰することができます。

今年度、大学の実習で児童福祉施設に行きます。
先行して実習を終えた学生からは、「事実は小説より奇なり」とでもいうような事例を聞かされました。
そこには、普段の常識が通用しない世界が広がっています。

実は、現実に虐待に対応しているワーカーさんは、残念ながら学生時代にこの分野に実習をしたり、福祉の勉強をしている人とは限りません。
都道府県で採用された一般公務員の方が、新人配属や異動でこの職につく場合も多いのです。もちろんその方々も優秀な人材なのですが。。。

一方で、児童問題に関心があって児童相談所などで働きたい場合、福祉職という公務員採用の方法があります。
しかし、数は一般公務員と比べて、圧倒的に少ないのが現状です。

何か事があれば夜間でも呼び出される、相談所などで働く福祉司さんは、ただでさえ数が足りないのです。

どうか、この現状を鑑みて、1人でも多くの専門的な勉強をしている福祉職が配属され、専門性を発揮されるよう、採用システムが変更されることを祈ります。
[PR]
by yyumicoach | 2008-07-15 12:47 | 生涯学習


つよみコーチング・子育て・思春期・メンタルヘルス・精神保健が専門。共育コーチング研究会所属コーチ。NP(Nobody's Perfect Program)認定ファシリテーター。別名:「永遠の女子大生コーチ」


by yyumicoach

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

タグ

<<プロフィール>>

にほんブログ村 子育てブログへ
 ↑ ↑ ↑
登録してみました^^
☆クリック,ありがとうございます☆

肩の力を抜いて、深呼吸。空気の匂いで、今の季節を感じると、自然体の自分でいられるよう・・         
高校1年、杏仁(アンニン)と中学1年、頓珍(トンチン)の2児の母。ワハハな子ども達に支えられ、日々成長している様子をお伝えします♪


研究会のメンバーが日替わり交代で書きつづる「共育コーチング研究会」リレーコラム
☆月1回のペースでコラム書いてます。応援をお願いします。

新着ニュース♪
<< 2014年秋の思春期コーチングセミナー、11月9日(日)に開催します!スケジュールを空けて来てね。>>



お世話になってます!
共育コーチング研究会のみなさま
「受験生を持つお母さんの為のコーチング」 花岡司さん

marikocoachさん

大石稜子さん

プロフェッショナルコーチ 畑 さち子さん

NY発 夢の実現・人間力アップの為のコーチング ICF 国際プロフェショナルコーチの 青木理恵さん


「yuiちゃんのコーチング子育て見聞記」 鈴木結子さん


 共育コーチング研究会の、強力な応援者「ぶくさん」の詩句ブログ

メダリストコーチ 井原くみ子さん
「鏡の法則」 野口コーチさん


☆★子育て関連リンク★☆


知育おもちゃ屋 LANDC【ランドック】



ママのキャリアを応援する ままきゃりプロジェクト


子育て、仕事を一服して音楽を♪ 

ハワイの風 視聴できます 


ハワイの風 MAYUKOのオフィシャルブログ 




★フラワーエッセンス★
Seeds of Angelica -大ちゃん フラワーエッセンスとハンズオンヒーリングのお店


☆なつかしい鎌高仲間☆
★荒井家の大多喜便り


★今の日本を外から知る★

★海外のニュースソースを日本語訳して紹介する:星の金貨プロジェクト

★世界を視るフォトジャーナリズム:DAYS JAPAN

★ホームレスが売る雑誌:BIG ISSUE





カテゴリ

全体
ご挨拶
子育て
コーチング
ココロ・メンテナンス
口福サロン
ハチドリのひとしずく
ささやかな幸せ
生涯学習
気がつけば精神世界系
未分類

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
more...

お気に入りブログ

とにかく、やってみるっ!!
幸せコーチング
薬膳のチカラ
仙台の華麗なるブログ書き
気づきと対話の中から ...
うおぬまの毎日♪ Exp...

ライフログ

子どもの能力を引き出す親と教師のためのやさしいコーチング

大石 良子著
実践 親子会話術-子育てコーチング

谷口 貴彦著
この気もち伝えたい

伊藤 守著

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧