<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

共育コーチング研究会リレーコラム

今日は、私が所属している「共育コーチング研究会」のリレーコラムを紹介します。プロコーチが、普段伝えるコーチングスキルを超えて、思いを綴っています。

http://blog.livedoor.jp/ciie/


研究会自体は、教育現場(学校や家庭)にコーチングを普及させることを目標にしている有志団体です。ボランティアで家庭教育学級でセミナーやワークショップを展開してきました。毎年、夏ごろに青山・ウィメンズプラザで「コーチングフェア」というコーチングを体験する場をつくり、コーチングの成果をお伝えしています。(2013年は、7月ごろの開催予定です)


活動が始まって、もう10余年になります。
もう○百件、○千人の方々とお会いしてきました!


セミナーが進行していく中、参加者の方たちの表情が刻々と変わっていくのが分かります。
終わったときには、「こんな風に話をしたこと、聞いたことはこれまでなかった!」と、よく言われます。
たいてい、セミナーの始めに聞くと「話すのは苦手」というところに、皆、手を挙げるのです。喋りだしたらとまらないのですけどね。


日本の教育では、今でこそ英語に会話練習が取り入れられるようになりましたが、日本語の会話練習はまだまだ現場にお任せというところが多いと思います。
「話し方」「聞き方」(さらには、人を巻き込む力、交渉力)をカリキュラムとして学ぶことについては、欧米諸国に大きく水をあけられているのが現状です。

「秘すれば花」「察する」文化はすばらしく、日本人が伝え続けてきた宝ですが、異文化・多文化の広がる世界では、お互いの立場を伝えあい、分かり合うツールとしてのコミュニケーションはより大事になってきています。

また日本人が持っているはずの「察する」「思いやる」能力は、大家族やコミュニティで揉まれて育つ能力であり、現代の、とくに都会では環境として、これまでのように能力を育てるのに十分なのかという思いがあります。


そのような状況で、色々な方法はあると思いますが、その中でコーチングを紹介したいと思うのです。



「コーチング」はコミュニケーションを通じて、相手の自発性と能力を引き出す方法です。


ビジネス分野(とくに部下と上司の間)で効果をあげています。おかげさまで有効性が認められた結果、今では社員研修(新人から管理職、経営者まで!)に取り入れられるのが当たり前になってきました。

最近では、スポーツ分野で指導法が話題になったおかげで、新聞にも大きく「コーチング」と取り上げられていますね。


効果として大きいなと感じるのは、自分の話を肯定的に聞いてもらうことで「自己効力感」「自己肯定感」が高まること、自分の能力を信じられることから「自発的な行動」が生まれやすいことです。


子どもの場合は、最初勉強自体には魅力を感じませんが、勉強すれば「できるようになる」「うれしい」「誉められたい」と意識するようになると、仕方なく、そして段々に自分から勉強に向かうようになります。その子どもの変わりようを見るのも、コーチングの醍醐味であります。面白そうでしょう!?


私たちがコーチングを学び始めたころは「コーチングって、なに?」「ねずみ講じゃないの?」などと、よく尋ねられたものです。

隔世の感があるよね、と仲間内でささやいたりしているわけです。


最近、私のアップしたコラムから…

<思春期「前」コーチング&思春期コーチング>

http://blog.livedoor.jp/ciie/archives/51387027.html
[PR]
by yyumicoach | 2013-03-28 11:13 | コーチング

「ドラゴン桜7巻」ーパパの本棚

f0009781_16104821.jpg

本が収まりきらなくなって溢れている、我が家の本棚。
このまま「積ん読(つんどく)」はもったいない、エネルギーは止めてはいけないのだ!ということで、そのときの気分でご紹介します。


「ドラゴン桜」はテレビドラマにもなったのでご存じの方も多いはず。


<あらすじ>

あるダメダメ高校が倒産の危機に陥り、再建整理に入った弁護士が、気が変わって1年以内に東大生を一人出して学校を超進学校として有名にし、学校を再建しようと考えた。新しく新設した「特別進学クラス」に集まった生徒は二人。「偏差値30からの東大合格」を目指して展開される指導方法とは!?



で、なぜか、本棚には「7巻」だけがあるんですね。不思議だなぁ…(◎-◎;)

そう思って読んだら引き込まれました。

どうやって、それまで勉強嫌いで全然やってこなかった高校生にやる気を起こさせるか、ドラマが描かれているのです。


当然、壁にぶつかって悩みもします。


そんなときの高校生の相談を受ける方法にコーチングが紹介されています。

参考)「コーチングの技術 上司と部下の人間学」 菅原裕子 講談社現代新書


先生たちの会議中、こんな問いが出されました。


受験直前になって、急に志望校を変えると言い出した子どもにどんな言葉をかけますか?!Σ( ̄□ ̄;)



一般的な親・先生の反応は、

「どうして?」(質問型)

「なんで、今ごろになって?」(非難型)

「A 学校に行きたいと言っていたのはおまえじゃないか!?」(脅迫型)

などなど。


さあ、どう答えるかなあ…
(気になる方は、回答を探しながら読んでみて!)



子どもが悩んでいるときの肝は、


サポートする時に大切なのは
たとえ今できなくても
できるようになると
相手を信頼すること


相手の話をさえぎらずに聞く態度から
相手への信頼は始まる


相手へ自分の信頼が伝わると相手は
それに応えようとする


するとやる気がでて
潜在能力が引き出されていく


我々が係わるのはここまで
あとは相手の自立にまかせる


…と、書かれています。

高校生(思春期後期)ならば「信じてまかせる」というのが結論。

もう少し年が若ければ「信じて見守る」という感じでしょうか?


なかなか、読みごたえがあって、勉強って工夫次第でこんなに楽しくできるんだと思わせてくれました。

親も子も、受験前に一読をおすすめ♪
(東大を受ける人は、今更ながらかなぁ?)
[PR]
by yyumicoach | 2013-03-26 16:10 | 未分類

「何でもない日、おめでとう!」

f0009781_21191877.jpg


アリスは聞きました。「今日は何のお祝い?」
「何でもない日のお祝いさ。」きちがい帽子屋は言いました。
ーディズニー版 「不思議の国のアリス」よりー



「ママ、何、つくってるの?」

キッチンに立っていると、食いしん坊トンチンが寄ってきて、手元をのぞきこみました。。

雨が降ったので、野球の自主練は中止。時間はたっぷりあるのに、DS は一時間に制限されててやることない。でも、お腹だけは三時間おきに、しっかり空くようです。



「コロッケだよ。」


「えっ!? つぶしたり、丸めたり、揚げたり…そんな手のかかるものを??」 Σ( ̄□ ̄;)

(アナタ、よくそこまで大変さを理解していること!)


「今日は時間があるから。アンニンが塾に行く前に食べていけるよう作るよ。手伝って!」


おいもをつぶして、挽き肉まぜて、丸めて、玉子つけて、パン粉つけて…大活躍のまき。


出来栄えの方は、「家庭料理」ということで勘弁を。



こんな当たり前といったら当たり前のことだけれど、職場で聞いたら、みんな、コロッケを自前で揚げることはほとんどなかったの。

スーパーマーケットで総菜か冷凍食品を買って済ませているのね。


こうした些細なことに見える日常の諸々、子どもたちと味わえることがうれしく、ありがたい日々です。




「人生に関する最もすばらしい事柄が日常生活というタペストリーを織りあげること」

ー「人生を変える『奇跡のコース』の教え」マリアン・ウィリアムソン著ー
[PR]
by yyumicoach | 2013-03-25 21:19 | 未分類

背番号は「2番」

f0009781_1140664.jpg

大変なご無沙汰でした。


4月から新しい生活を始めるため、片付けや後始末をしておりました。
完璧に片付けるのは無理なので、残りはボチボチ進めていこうと思います。



<近況報告>


写真は、トンチンです。
新6年生ということでチームがひとつ上がり、背番号も変わりました。


なんと!「2番」!!


※野球では「2番」は正捕手の番号です。「1番」はエースピッチャーね。春季甲子園をご参照のこと。


五年生から野球を始めたばかりのトンチンですから、実はライトを守ってます。だから、この「2番」は体つき大きくて、期待値高い彼への「希望の数字」。


「2番」めざして、練習にはげめ!

…ということ。(*´∇`*)


送迎のときに、彼がふと洩らした言葉は

「この背番号は、5トンくらいの重みがあるんだよね〜★」


そうか、そうか、重みが分かるようになったか〜♪

成長したな〜☆



「それじゃ、自分の体重も含めると5トン50キロだねっ!!」(*≧∀≦*)


今週は監督のはからいで、東京ドームでノックを受け、そのあと試合が見られる「ファイターズノック」というプログラムに参加しました。

たくさん体験して、身も心も育ち盛りなのであります。
[PR]
by yyumicoach | 2013-03-23 11:40 | 未分類


つよみコーチング・子育て・思春期・メンタルヘルス・精神保健が専門。共育コーチング研究会所属コーチ。NP(Nobody's Perfect Program)認定ファシリテーター。別名:「永遠の女子大生コーチ」


by yyumicoach

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

タグ

<<プロフィール>>

にほんブログ村 子育てブログへ
 ↑ ↑ ↑
登録してみました^^
☆クリック,ありがとうございます☆

肩の力を抜いて、深呼吸。空気の匂いで、今の季節を感じると、自然体の自分でいられるよう・・         
高校1年、杏仁(アンニン)と中学1年、頓珍(トンチン)の2児の母。ワハハな子ども達に支えられ、日々成長している様子をお伝えします♪


研究会のメンバーが日替わり交代で書きつづる「共育コーチング研究会」リレーコラム
☆月1回のペースでコラム書いてます。応援をお願いします。

新着ニュース♪
<< 2014年秋の思春期コーチングセミナー、11月9日(日)に開催します!スケジュールを空けて来てね。>>



お世話になってます!
共育コーチング研究会のみなさま
「受験生を持つお母さんの為のコーチング」 花岡司さん

marikocoachさん

大石稜子さん

プロフェッショナルコーチ 畑 さち子さん

NY発 夢の実現・人間力アップの為のコーチング ICF 国際プロフェショナルコーチの 青木理恵さん


「yuiちゃんのコーチング子育て見聞記」 鈴木結子さん


 共育コーチング研究会の、強力な応援者「ぶくさん」の詩句ブログ

メダリストコーチ 井原くみ子さん
「鏡の法則」 野口コーチさん


☆★子育て関連リンク★☆


知育おもちゃ屋 LANDC【ランドック】



ママのキャリアを応援する ままきゃりプロジェクト


子育て、仕事を一服して音楽を♪ 

ハワイの風 視聴できます 


ハワイの風 MAYUKOのオフィシャルブログ 




★フラワーエッセンス★
Seeds of Angelica -大ちゃん フラワーエッセンスとハンズオンヒーリングのお店


☆なつかしい鎌高仲間☆
★荒井家の大多喜便り


★今の日本を外から知る★

★海外のニュースソースを日本語訳して紹介する:星の金貨プロジェクト

★世界を視るフォトジャーナリズム:DAYS JAPAN

★ホームレスが売る雑誌:BIG ISSUE





カテゴリ

全体
ご挨拶
子育て
コーチング
ココロ・メンテナンス
口福サロン
ハチドリのひとしずく
ささやかな幸せ
生涯学習
気がつけば精神世界系
未分類

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
more...

お気に入りブログ

とにかく、やってみるっ!!
幸せコーチング
薬膳のチカラ
仙台の華麗なるブログ書き
気づきと対話の中から ...
うおぬまの毎日♪ Exp...

ライフログ

子どもの能力を引き出す親と教師のためのやさしいコーチング

大石 良子著
実践 親子会話術-子育てコーチング

谷口 貴彦著
この気もち伝えたい

伊藤 守著

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧