不登校・引きこもりなどの支援(新潟・三条)

明後日5月3日の開催で、日にちも間近に迫っていますが、ご案内です。


親のホンネ・子どものホンネ

「ボクが生きる生きる意味ってなに?」
思い込みのコミュニケーションで起きるすれちがい。




日時: 2013年5月3日(金)13:30-16:30
場所: 勤労青少年ホーム ソレイユ三条

不登校・引きこもりなどの支援者、教育者は勿論、一番の元となる家庭力・地域力の親、大人に対して”子どもにできること“を問題提起するための講演会

入場無料

講師:大塚隆司・山村真理子
後援:三条地域若者サポートステーション
   三条市教育委員会・燕市教育委員会


☆☆☆☆☆☆☆☆

共育コーチング研究会で一緒に活動している、大塚さん・山村さんの講演会です。
ご興味・関心のある方は、リンクをのぞいてみてください。

☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
# by yyumicoach | 2013-05-01 15:45 | 子育て

こいのぼり

f0009781_1615542.jpg

青山の「こどもの城」には、毎年この時気になると、たくさんの鯉のぼりがつるされて風に泳いでいます。


これだけあると、壮観ですね!


3月で勤めを終えて、やっと自分のペースができてきました。

会いたかった人と会ったり、話したり、家の片付けをしていたら、あっという間に1ヶ月が経ってしまいました。


もっとも、自分的にはもう半年くらい仕事から離れてしまったように思うこの頃です。



☆新しい生活の様子は、こんな感じ


・1日5,000歩、歩く

本当は一万歩と書きたいのですが、無理すると股関節と最近は膝が痛むので、安全な範囲で目標設定です。


・心拍数が上がる運動を1日一回

階段を上ったり、腕立て伏せみたいな筋トレなど


・週1、2回の勉強会

大学にもどって、聴講もスタートしました。
コーチング、カウンセリング、ソーシャルワークと学んだ内容をアウトプットすることをめざします。


・1日1回、情報発信

facebookも始めました。
ブログの更新を増やさなくちゃ、ですね。


・コーチング三昧

4月からコーチング漬けの日々にシフト中。
新しいプログラムを提供できるよう開発を始めています。

→ 近々モニター募集をお知らせする予定です。
何名になるか、どんな内容なのか、お楽しみに♪



空高く舞い上がるこいのぼり。

ゴールデンウィークは、中休みです。
[PR]
# by yyumicoach | 2013-04-30 16:15 | ご挨拶

春休み

f0009781_1029786.jpg

春休みも終盤戦。

比較的短い春休みだけれど、おうちによっては家族旅行にあてたり、逆に、そろそろ学校が始まらないかな…と思うところもありますね。

我が家はこれまで毎年、長期休暇となると自分もダンナも仕事があるし、とくに期末期初は忙しい仕事についていたので休むことかなまわず、子どもたちは退屈してしまうので実家に二人を送り込むのが慣例のようになっていました。


昨年からアンニンの塾通いの日数が増え、トンチンは週末野球で土日なし。皆勤賞狙いなので、サボりたい気持ちはあるけれど休めない。

来年になったら、高校と中学生だから、ますます勢いをつけないと行かれなくなるかな。


…こうして、子どもたちはジジババから卒業していくのでしょうか。

親から卒業するのはいつ?



春休み、小学校は宿題が出ませんでした。

親心としては、漢字と計算のドリルくらい出してもらいたかったのですが

代わりに私から「漢字と計算、1ページずつね」と云ったところ、「なにそれ?ママが勝手に決めたんでしょ」と意に介さず、そのくせDS は手放さない。


まったく、もうっ!( ̄^ ̄)


…なので、トンチンの頭をつかんで振ってみた、ほーら!カラカラと音がする!!(  ̄▽ ̄)



カラカラ音がする頭は考える。

「今日はどう過ごそうか?」

「野球の自主練ある日か、ない日か?」

「面白そうなテレビはやってるか?」

「なにか食べ物はないか?」
(つねに、お腹は空いている)



その合間に、友達から電話がかかってきたり、遊びに行ったり、映画の割引券を見つけたり、ボードゲームを引っ張り出して将棋やらオセロをやって…



寝る。( ̄q ̄)zzz



一生にこんなこと、そう何度もない至福の時代だね。

これだけグダグダしていたから、きっと本人も学校が始まってほしいと内心思っているに違いない。

明日、小学校入学式の準備のため、新6年生は登校日。

中学生より1日早く、学校が始まります。
[PR]
# by yyumicoach | 2013-04-04 10:29 | 子育て

共育コーチング研究会リレーコラム

今日は、私が所属している「共育コーチング研究会」のリレーコラムを紹介します。プロコーチが、普段伝えるコーチングスキルを超えて、思いを綴っています。

http://blog.livedoor.jp/ciie/


研究会自体は、教育現場(学校や家庭)にコーチングを普及させることを目標にしている有志団体です。ボランティアで家庭教育学級でセミナーやワークショップを展開してきました。毎年、夏ごろに青山・ウィメンズプラザで「コーチングフェア」というコーチングを体験する場をつくり、コーチングの成果をお伝えしています。(2013年は、7月ごろの開催予定です)


活動が始まって、もう10余年になります。
もう○百件、○千人の方々とお会いしてきました!


セミナーが進行していく中、参加者の方たちの表情が刻々と変わっていくのが分かります。
終わったときには、「こんな風に話をしたこと、聞いたことはこれまでなかった!」と、よく言われます。
たいてい、セミナーの始めに聞くと「話すのは苦手」というところに、皆、手を挙げるのです。喋りだしたらとまらないのですけどね。


日本の教育では、今でこそ英語に会話練習が取り入れられるようになりましたが、日本語の会話練習はまだまだ現場にお任せというところが多いと思います。
「話し方」「聞き方」(さらには、人を巻き込む力、交渉力)をカリキュラムとして学ぶことについては、欧米諸国に大きく水をあけられているのが現状です。

「秘すれば花」「察する」文化はすばらしく、日本人が伝え続けてきた宝ですが、異文化・多文化の広がる世界では、お互いの立場を伝えあい、分かり合うツールとしてのコミュニケーションはより大事になってきています。

また日本人が持っているはずの「察する」「思いやる」能力は、大家族やコミュニティで揉まれて育つ能力であり、現代の、とくに都会では環境として、これまでのように能力を育てるのに十分なのかという思いがあります。


そのような状況で、色々な方法はあると思いますが、その中でコーチングを紹介したいと思うのです。



「コーチング」はコミュニケーションを通じて、相手の自発性と能力を引き出す方法です。


ビジネス分野(とくに部下と上司の間)で効果をあげています。おかげさまで有効性が認められた結果、今では社員研修(新人から管理職、経営者まで!)に取り入れられるのが当たり前になってきました。

最近では、スポーツ分野で指導法が話題になったおかげで、新聞にも大きく「コーチング」と取り上げられていますね。


効果として大きいなと感じるのは、自分の話を肯定的に聞いてもらうことで「自己効力感」「自己肯定感」が高まること、自分の能力を信じられることから「自発的な行動」が生まれやすいことです。


子どもの場合は、最初勉強自体には魅力を感じませんが、勉強すれば「できるようになる」「うれしい」「誉められたい」と意識するようになると、仕方なく、そして段々に自分から勉強に向かうようになります。その子どもの変わりようを見るのも、コーチングの醍醐味であります。面白そうでしょう!?


私たちがコーチングを学び始めたころは「コーチングって、なに?」「ねずみ講じゃないの?」などと、よく尋ねられたものです。

隔世の感があるよね、と仲間内でささやいたりしているわけです。


最近、私のアップしたコラムから…

<思春期「前」コーチング&思春期コーチング>

http://blog.livedoor.jp/ciie/archives/51387027.html
[PR]
# by yyumicoach | 2013-03-28 11:13 | コーチング

「ドラゴン桜7巻」ーパパの本棚

f0009781_16104821.jpg

本が収まりきらなくなって溢れている、我が家の本棚。
このまま「積ん読(つんどく)」はもったいない、エネルギーは止めてはいけないのだ!ということで、そのときの気分でご紹介します。


「ドラゴン桜」はテレビドラマにもなったのでご存じの方も多いはず。


<あらすじ>

あるダメダメ高校が倒産の危機に陥り、再建整理に入った弁護士が、気が変わって1年以内に東大生を一人出して学校を超進学校として有名にし、学校を再建しようと考えた。新しく新設した「特別進学クラス」に集まった生徒は二人。「偏差値30からの東大合格」を目指して展開される指導方法とは!?



で、なぜか、本棚には「7巻」だけがあるんですね。不思議だなぁ…(◎-◎;)

そう思って読んだら引き込まれました。

どうやって、それまで勉強嫌いで全然やってこなかった高校生にやる気を起こさせるか、ドラマが描かれているのです。


当然、壁にぶつかって悩みもします。


そんなときの高校生の相談を受ける方法にコーチングが紹介されています。

参考)「コーチングの技術 上司と部下の人間学」 菅原裕子 講談社現代新書


先生たちの会議中、こんな問いが出されました。


受験直前になって、急に志望校を変えると言い出した子どもにどんな言葉をかけますか?!Σ( ̄□ ̄;)



一般的な親・先生の反応は、

「どうして?」(質問型)

「なんで、今ごろになって?」(非難型)

「A 学校に行きたいと言っていたのはおまえじゃないか!?」(脅迫型)

などなど。


さあ、どう答えるかなあ…
(気になる方は、回答を探しながら読んでみて!)



子どもが悩んでいるときの肝は、


サポートする時に大切なのは
たとえ今できなくても
できるようになると
相手を信頼すること


相手の話をさえぎらずに聞く態度から
相手への信頼は始まる


相手へ自分の信頼が伝わると相手は
それに応えようとする


するとやる気がでて
潜在能力が引き出されていく


我々が係わるのはここまで
あとは相手の自立にまかせる


…と、書かれています。

高校生(思春期後期)ならば「信じてまかせる」というのが結論。

もう少し年が若ければ「信じて見守る」という感じでしょうか?


なかなか、読みごたえがあって、勉強って工夫次第でこんなに楽しくできるんだと思わせてくれました。

親も子も、受験前に一読をおすすめ♪
(東大を受ける人は、今更ながらかなぁ?)
[PR]
# by yyumicoach | 2013-03-26 16:10 | 未分類

「何でもない日、おめでとう!」

f0009781_21191877.jpg


アリスは聞きました。「今日は何のお祝い?」
「何でもない日のお祝いさ。」きちがい帽子屋は言いました。
ーディズニー版 「不思議の国のアリス」よりー



「ママ、何、つくってるの?」

キッチンに立っていると、食いしん坊トンチンが寄ってきて、手元をのぞきこみました。。

雨が降ったので、野球の自主練は中止。時間はたっぷりあるのに、DS は一時間に制限されててやることない。でも、お腹だけは三時間おきに、しっかり空くようです。



「コロッケだよ。」


「えっ!? つぶしたり、丸めたり、揚げたり…そんな手のかかるものを??」 Σ( ̄□ ̄;)

(アナタ、よくそこまで大変さを理解していること!)


「今日は時間があるから。アンニンが塾に行く前に食べていけるよう作るよ。手伝って!」


おいもをつぶして、挽き肉まぜて、丸めて、玉子つけて、パン粉つけて…大活躍のまき。


出来栄えの方は、「家庭料理」ということで勘弁を。



こんな当たり前といったら当たり前のことだけれど、職場で聞いたら、みんな、コロッケを自前で揚げることはほとんどなかったの。

スーパーマーケットで総菜か冷凍食品を買って済ませているのね。


こうした些細なことに見える日常の諸々、子どもたちと味わえることがうれしく、ありがたい日々です。




「人生に関する最もすばらしい事柄が日常生活というタペストリーを織りあげること」

ー「人生を変える『奇跡のコース』の教え」マリアン・ウィリアムソン著ー
[PR]
# by yyumicoach | 2013-03-25 21:19 | 未分類

背番号は「2番」

f0009781_1140664.jpg

大変なご無沙汰でした。


4月から新しい生活を始めるため、片付けや後始末をしておりました。
完璧に片付けるのは無理なので、残りはボチボチ進めていこうと思います。



<近況報告>


写真は、トンチンです。
新6年生ということでチームがひとつ上がり、背番号も変わりました。


なんと!「2番」!!


※野球では「2番」は正捕手の番号です。「1番」はエースピッチャーね。春季甲子園をご参照のこと。


五年生から野球を始めたばかりのトンチンですから、実はライトを守ってます。だから、この「2番」は体つき大きくて、期待値高い彼への「希望の数字」。


「2番」めざして、練習にはげめ!

…ということ。(*´∇`*)


送迎のときに、彼がふと洩らした言葉は

「この背番号は、5トンくらいの重みがあるんだよね〜★」


そうか、そうか、重みが分かるようになったか〜♪

成長したな〜☆



「それじゃ、自分の体重も含めると5トン50キロだねっ!!」(*≧∀≦*)


今週は監督のはからいで、東京ドームでノックを受け、そのあと試合が見られる「ファイターズノック」というプログラムに参加しました。

たくさん体験して、身も心も育ち盛りなのであります。
[PR]
# by yyumicoach | 2013-03-23 11:40 | 未分類

Nobody's Perfect と「今日」

つらつらと2012年を思い返しています。


今年は9月、10月と毎週6回にわたって、Nobody's Perfect (誰も完璧な親ではない、通称エヌピー)の講座を、よく知った子育てサロンを主催する保育士の先生と私2人でファシリテーターを務めさせてもらいました。
この講座は、某市主催で年3回、地域を変えて行っているものです。

お母さん方は毎週2時間、無料で子どもを保育してもらい、子育てや自分のことについて10人程度のメンバーで学び合います。
学びの内容は、最初の1回目でお母さん方が知りたいこと、深めたいことを話し合って、残り4,5回までのプログラムを決めていく、参加者主導の講座です。


今回、最初の回でコーチング的な質問を投げかけました。
「1人1言、この講座で(あなたは)どうなりたいですか?」

「道ばたで会ったら立ち話ができる仲間になりたい。」
「あたりさわりのない話ではなく、深い話ができる仲間になりたい。」

その宣言の通り、初めて会ったメンバーも回を重ねる毎に仲良くなり、帰りは誘い合って帰って行きます。
これがグループワークの醍醐味です。回ごとにグループ全体が成長していきます。

次の回では、
「この一週間で、何人ものメンバーといろんな所で会えて、急に知り合いが増えた気がしました。」
そんな感想もありました。うれしい気持ちがここまで伝わってきます。


講座の中で、相方の先生がセミナーで紹介してくれた「今日」という詩。
ニュージーランドの人が原作者と聞いています。
どうか、これを読んだ子育て中のおとうさん、おかあさんが、ちょっとホッとできますように。



「今日」

今日、私はお皿を洗わなかった
ベットはぐちゃぐちゃ
漬けといたおむつは
だんだんくさくなってきた
きのうこぼした食べかすが
床の上からわたしを見ている
窓ガラスはよごれすぎてアートみたい
雨が降るまでこのままだとおもう

人に見られたら
なんていわれるか
ひどいねえとか、だらしないとか
今日一日、何をしてたの?とか

わたしは、この子が眠るまで、おっぱいをやっていた
わたしは、この子が泣きやむまで、ずっとだっこしていた
わたしは、この子とかくれんぼした
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、それはきゅうっと鳴った
わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった
わたしは、この子に、していいこととわるいことを、教えた

ほんとにいったい一日何をしていたのかな
たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと
でもこう考えれば、いいんじゃない?

今日一日、わたしは
澄んだ目をした、髪のふわふわな、この子のために
すごく大切なことをしていたんだって。

そしてもし、そっちのほうがほんとなら、
わたしはちゃーんとやったわけだ。
[PR]
# by yyumicoach | 2012-12-08 00:30 | 子育て

ワインパーティ!

f0009781_1147673.jpg



12月に入り、手元の手帳は2012年から2013年版に入れ替わりました。

ずっと走り続けていた、この2012年。
やっと振り返り、ホッと一息ついてみる?

それとも、これから師走。本番か??


なーんと、この週末、トンチンがノロ・ウィルスにかかってしまい、洗濯物の山と格闘しておりました。
さっき、最後の1回分を干し終わったところ。
ついでに、もう1回回しちゃおう♪ クローゼットから気になる服を取り出して見る。

幸いにノロの山場は過ぎ去り、トンチンは今日から普通食解禁です。
でも、昨日一日おかゆ生活だったので、野球はお休み。

みんなの予定からカラになり、おかげで、のんびりした週末です。


で、昨年の手帳を振り返ってみました。
写真は昨年の12月、手帳をみると一番最初のイベント「ワインパーティ」です。
思春期コーチング*のメンバー+αで集まった、忘年会でした。

約10人が集まったので、こんなにワインがあいちゃった!!

ワイン愛好家のKコーチがあらかじめ、秘蔵のワイン数本を、場所を提供してくれたSコーチ宅に送ってくれて、
Sコーチののご主人はソムリエで、ワインにあったお料理をアレンジしてくださるという懲りよう。
まさに「ワインと料理のマリアージュ」を堪能いたしました。


Kコーチが、秘蔵のワインにまつわるストーリーを語ってくれました。

そのうちの1本を手に入れたときのエピソード。

「ベルリンの壁」崩壊があった頃のこと、その直後、チェコスロバキアで日本語ブームが起こりました。
当時ウィーン駐在だったKコーチは、ウィーン大使館から乞われて、週一回「日本語講座」の講師のためにウィーン~プラハを車を運転して通ったとのこと。
一体、何キロあったんだろう。当然、道路も整備されてなかったでしょうしね。
途中、検問にひっかかったり、開国したての混乱の中、無事講座を修了したときの謝礼としてもらったものだそうです。
だから、貴重なチェコスロバキアのワインだったのです。
(何年ものじゃ!)

そんな風にワイン一本、一本にすてきなストーリーがあって、豊かな時間となりました。


私からは、ボッテガのロゼ・スプマンテをシャンパン代わりに提供。(写真の一番右手)
これをソムリエは「天使のシャンパン」と言っていた…と思う。。(あ、記憶が定かでない)


古いワインにはそれぞれに味があって、ステキですね。
そして、なにより気持ちの良い友人たち、それぞれ「今」という時を楽しむ術を知っている人たちと時間を共にする幸せを深く感じた思い出です。



*思春期コーチング:思春期の子どもに関わる人へのコーチング講座。今年は基礎講座を2クールやっています。来年は応用講座も開催予定。
興味のある方は、共育コーチング研究会HPをウォッチしてくださいね。
[PR]
# by yyumicoach | 2012-12-02 12:09 | 口福サロン

冬至の柚子

柚子は、日本人にとってとても親しみのある果実。
冬至といえば、柚子だね。

柚子の皮の効用についての記事を読んで、おおーっと思ったので抜粋します。
親しい友に、これほどの効用があったとは!


食品医学研究所所長 平柳要氏の記事


キーワード:「高血圧」「糖尿病」「中性脂肪」「減量」「悪玉コレステロール」

(以上のキーワードにひっかかった人は、記事を参考にしてみてください。)

できるだけ無農薬の柚子の皮を一日四分の一くらい体内に取り入れる。
柚子の皮は苦いので細かくして、オブラートに包んで飲むとよい。
その理由は柚子の主な栄養成分であるヘルペリジン。

ヘスぺリジンは、紫外線から果実を守るポリフェノールの仲間。
青みかんや柚子の、とくに皮や簡単に捨てられるスジに多く含まれ、柚子には、レモ
ンやすだちの3倍、カボスの6倍、みかんの20倍ものヘスぺ莉仁が含まれている。

ヘスぺリジンは血中ブドウ糖を取り込みやすくするため、血糖値が下がる。
ヘスペリジンは血管の柔軟性を増し、血管を広げる。
善玉コレステロールを上昇させ、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞を防ぐ。また中性脂肪
が肝臓でエネルギーとして消費されやすくなるため、体脂肪が付きにくくなる。

その他、ヘスぺリジンをとると、骨を壊す破骨細胞の増加が抑えられ、とくに閉経後
の女性の骨代謝の改善、骨粗鬆症の予防に期待が持てる。

(以上、抜粋終わり)


私の身近なところでは、(鬼)柚子の皮のピールが冬、出回ります。
砂糖をまぶしてあるけれど、気にしない人にはお勧めの味です。
[PR]
# by yyumicoach | 2012-11-30 16:54 | 口福サロン


つよみコーチング・子育て・思春期・メンタルヘルス・精神保健が専門。共育コーチング研究会所属コーチ。NP(Nobody's Perfect Program)認定ファシリテーター。別名:「永遠の女子大生コーチ」


by yyumicoach

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

タグ

<<プロフィール>>

にほんブログ村 子育てブログへ
 ↑ ↑ ↑
登録してみました^^
☆クリック,ありがとうございます☆

肩の力を抜いて、深呼吸。空気の匂いで、今の季節を感じると、自然体の自分でいられるよう・・         
高校1年、杏仁(アンニン)と中学1年、頓珍(トンチン)の2児の母。ワハハな子ども達に支えられ、日々成長している様子をお伝えします♪


研究会のメンバーが日替わり交代で書きつづる「共育コーチング研究会」リレーコラム
☆月1回のペースでコラム書いてます。応援をお願いします。

新着ニュース♪
<< 2014年秋の思春期コーチングセミナー、11月9日(日)に開催します!スケジュールを空けて来てね。>>



お世話になってます!
共育コーチング研究会のみなさま
「受験生を持つお母さんの為のコーチング」 花岡司さん

marikocoachさん

大石稜子さん

プロフェッショナルコーチ 畑 さち子さん

NY発 夢の実現・人間力アップの為のコーチング ICF 国際プロフェショナルコーチの 青木理恵さん


「yuiちゃんのコーチング子育て見聞記」 鈴木結子さん


 共育コーチング研究会の、強力な応援者「ぶくさん」の詩句ブログ

メダリストコーチ 井原くみ子さん
「鏡の法則」 野口コーチさん


☆★子育て関連リンク★☆


知育おもちゃ屋 LANDC【ランドック】



ママのキャリアを応援する ままきゃりプロジェクト


子育て、仕事を一服して音楽を♪ 

ハワイの風 視聴できます 


ハワイの風 MAYUKOのオフィシャルブログ 




★フラワーエッセンス★
Seeds of Angelica -大ちゃん フラワーエッセンスとハンズオンヒーリングのお店


☆なつかしい鎌高仲間☆
★荒井家の大多喜便り


★今の日本を外から知る★

★海外のニュースソースを日本語訳して紹介する:星の金貨プロジェクト

★世界を視るフォトジャーナリズム:DAYS JAPAN

★ホームレスが売る雑誌:BIG ISSUE





カテゴリ

全体
ご挨拶
子育て
コーチング
ココロ・メンテナンス
口福サロン
ハチドリのひとしずく
ささやかな幸せ
生涯学習
気がつけば精神世界系
未分類

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
more...

お気に入りブログ

とにかく、やってみるっ!!
幸せコーチング
薬膳のチカラ
仙台の華麗なるブログ書き
気づきと対話の中から ...
うおぬまの毎日♪ Exp...

ライフログ

子どもの能力を引き出す親と教師のためのやさしいコーチング

大石 良子著
実践 親子会話術-子育てコーチング

谷口 貴彦著
この気もち伝えたい

伊藤 守著

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧