タグ:コーチング ( 88 ) タグの人気記事

春休み

f0009781_1029786.jpg

春休みも終盤戦。

比較的短い春休みだけれど、おうちによっては家族旅行にあてたり、逆に、そろそろ学校が始まらないかな…と思うところもありますね。

我が家はこれまで毎年、長期休暇となると自分もダンナも仕事があるし、とくに期末期初は忙しい仕事についていたので休むことかなまわず、子どもたちは退屈してしまうので実家に二人を送り込むのが慣例のようになっていました。


昨年からアンニンの塾通いの日数が増え、トンチンは週末野球で土日なし。皆勤賞狙いなので、サボりたい気持ちはあるけれど休めない。

来年になったら、高校と中学生だから、ますます勢いをつけないと行かれなくなるかな。


…こうして、子どもたちはジジババから卒業していくのでしょうか。

親から卒業するのはいつ?



春休み、小学校は宿題が出ませんでした。

親心としては、漢字と計算のドリルくらい出してもらいたかったのですが

代わりに私から「漢字と計算、1ページずつね」と云ったところ、「なにそれ?ママが勝手に決めたんでしょ」と意に介さず、そのくせDS は手放さない。


まったく、もうっ!( ̄^ ̄)


…なので、トンチンの頭をつかんで振ってみた、ほーら!カラカラと音がする!!(  ̄▽ ̄)



カラカラ音がする頭は考える。

「今日はどう過ごそうか?」

「野球の自主練ある日か、ない日か?」

「面白そうなテレビはやってるか?」

「なにか食べ物はないか?」
(つねに、お腹は空いている)



その合間に、友達から電話がかかってきたり、遊びに行ったり、映画の割引券を見つけたり、ボードゲームを引っ張り出して将棋やらオセロをやって…



寝る。( ̄q ̄)zzz



一生にこんなこと、そう何度もない至福の時代だね。

これだけグダグダしていたから、きっと本人も学校が始まってほしいと内心思っているに違いない。

明日、小学校入学式の準備のため、新6年生は登校日。

中学生より1日早く、学校が始まります。
[PR]
by yyumicoach | 2013-04-04 10:29 | 子育て

共育コーチング研究会リレーコラム

今日は、私が所属している「共育コーチング研究会」のリレーコラムを紹介します。プロコーチが、普段伝えるコーチングスキルを超えて、思いを綴っています。

http://blog.livedoor.jp/ciie/


研究会自体は、教育現場(学校や家庭)にコーチングを普及させることを目標にしている有志団体です。ボランティアで家庭教育学級でセミナーやワークショップを展開してきました。毎年、夏ごろに青山・ウィメンズプラザで「コーチングフェア」というコーチングを体験する場をつくり、コーチングの成果をお伝えしています。(2013年は、7月ごろの開催予定です)


活動が始まって、もう10余年になります。
もう○百件、○千人の方々とお会いしてきました!


セミナーが進行していく中、参加者の方たちの表情が刻々と変わっていくのが分かります。
終わったときには、「こんな風に話をしたこと、聞いたことはこれまでなかった!」と、よく言われます。
たいてい、セミナーの始めに聞くと「話すのは苦手」というところに、皆、手を挙げるのです。喋りだしたらとまらないのですけどね。


日本の教育では、今でこそ英語に会話練習が取り入れられるようになりましたが、日本語の会話練習はまだまだ現場にお任せというところが多いと思います。
「話し方」「聞き方」(さらには、人を巻き込む力、交渉力)をカリキュラムとして学ぶことについては、欧米諸国に大きく水をあけられているのが現状です。

「秘すれば花」「察する」文化はすばらしく、日本人が伝え続けてきた宝ですが、異文化・多文化の広がる世界では、お互いの立場を伝えあい、分かり合うツールとしてのコミュニケーションはより大事になってきています。

また日本人が持っているはずの「察する」「思いやる」能力は、大家族やコミュニティで揉まれて育つ能力であり、現代の、とくに都会では環境として、これまでのように能力を育てるのに十分なのかという思いがあります。


そのような状況で、色々な方法はあると思いますが、その中でコーチングを紹介したいと思うのです。



「コーチング」はコミュニケーションを通じて、相手の自発性と能力を引き出す方法です。


ビジネス分野(とくに部下と上司の間)で効果をあげています。おかげさまで有効性が認められた結果、今では社員研修(新人から管理職、経営者まで!)に取り入れられるのが当たり前になってきました。

最近では、スポーツ分野で指導法が話題になったおかげで、新聞にも大きく「コーチング」と取り上げられていますね。


効果として大きいなと感じるのは、自分の話を肯定的に聞いてもらうことで「自己効力感」「自己肯定感」が高まること、自分の能力を信じられることから「自発的な行動」が生まれやすいことです。


子どもの場合は、最初勉強自体には魅力を感じませんが、勉強すれば「できるようになる」「うれしい」「誉められたい」と意識するようになると、仕方なく、そして段々に自分から勉強に向かうようになります。その子どもの変わりようを見るのも、コーチングの醍醐味であります。面白そうでしょう!?


私たちがコーチングを学び始めたころは「コーチングって、なに?」「ねずみ講じゃないの?」などと、よく尋ねられたものです。

隔世の感があるよね、と仲間内でささやいたりしているわけです。


最近、私のアップしたコラムから…

<思春期「前」コーチング&思春期コーチング>

http://blog.livedoor.jp/ciie/archives/51387027.html
[PR]
by yyumicoach | 2013-03-28 11:13 | コーチング

ワインパーティ!

f0009781_1147673.jpg



12月に入り、手元の手帳は2012年から2013年版に入れ替わりました。

ずっと走り続けていた、この2012年。
やっと振り返り、ホッと一息ついてみる?

それとも、これから師走。本番か??


なーんと、この週末、トンチンがノロ・ウィルスにかかってしまい、洗濯物の山と格闘しておりました。
さっき、最後の1回分を干し終わったところ。
ついでに、もう1回回しちゃおう♪ クローゼットから気になる服を取り出して見る。

幸いにノロの山場は過ぎ去り、トンチンは今日から普通食解禁です。
でも、昨日一日おかゆ生活だったので、野球はお休み。

みんなの予定からカラになり、おかげで、のんびりした週末です。


で、昨年の手帳を振り返ってみました。
写真は昨年の12月、手帳をみると一番最初のイベント「ワインパーティ」です。
思春期コーチング*のメンバー+αで集まった、忘年会でした。

約10人が集まったので、こんなにワインがあいちゃった!!

ワイン愛好家のKコーチがあらかじめ、秘蔵のワイン数本を、場所を提供してくれたSコーチ宅に送ってくれて、
Sコーチののご主人はソムリエで、ワインにあったお料理をアレンジしてくださるという懲りよう。
まさに「ワインと料理のマリアージュ」を堪能いたしました。


Kコーチが、秘蔵のワインにまつわるストーリーを語ってくれました。

そのうちの1本を手に入れたときのエピソード。

「ベルリンの壁」崩壊があった頃のこと、その直後、チェコスロバキアで日本語ブームが起こりました。
当時ウィーン駐在だったKコーチは、ウィーン大使館から乞われて、週一回「日本語講座」の講師のためにウィーン~プラハを車を運転して通ったとのこと。
一体、何キロあったんだろう。当然、道路も整備されてなかったでしょうしね。
途中、検問にひっかかったり、開国したての混乱の中、無事講座を修了したときの謝礼としてもらったものだそうです。
だから、貴重なチェコスロバキアのワインだったのです。
(何年ものじゃ!)

そんな風にワイン一本、一本にすてきなストーリーがあって、豊かな時間となりました。


私からは、ボッテガのロゼ・スプマンテをシャンパン代わりに提供。(写真の一番右手)
これをソムリエは「天使のシャンパン」と言っていた…と思う。。(あ、記憶が定かでない)


古いワインにはそれぞれに味があって、ステキですね。
そして、なにより気持ちの良い友人たち、それぞれ「今」という時を楽しむ術を知っている人たちと時間を共にする幸せを深く感じた思い出です。



*思春期コーチング:思春期の子どもに関わる人へのコーチング講座。今年は基礎講座を2クールやっています。来年は応用講座も開催予定。
興味のある方は、共育コーチング研究会HPをウォッチしてくださいね。
[PR]
by yyumicoach | 2012-12-02 12:09 | 口福サロン

「わらべうた」5月のまなび

f0009781_15543457.jpg

通りがかりに、ステキなバラの生け垣を発見しました。
うっとりするような、とてもステキな香りが、周りに漂っています。


今日は、毎月第二土曜日にある「わらべうた研究会」の日。
行ったり、休んだり、のんびりペースで、もう2年くらい、通っています。
わらべうたを歌ったり、わらべうたを通して、子育てについて情報交換をしています。

教科書は、「『わらべうた』で子育て」 阿部ヤエ著 (福音館書店)


今日のまなびは、13.赤ちゃんのときの「呼びかけの唄」から

「赤ちゃんは五感を持って生まれてくるけれど、それを起こしてやらなければ、一生眠ったままになってしまいます。
見ていてもボヤッと見ていては、見たことにならないでしょ。それを目覚めさせなくては役に立たないのです。
そのためには、見たもの、聞こえたものが何かを教えてやるのが、大人の役目です。」



赤ちゃんを見ていると、とくに最近生まれてきた子ども達は、いろんな意味で進んでいるような気がします。

たとえば、

視力が進んでいて、よく物が見えていたり、

人の語りかけに反応がよくて、ちゃんと返事をしているようだったり、

身体的にも、歯が生えていたり、歯ぐきが固くて、歯が生える準備ができていたり

お腹の中にいるときでさえ、いろんな反応を見せてくれたりします。


本当によく分かってるなぁ・・と感心することがあります。

ただ、手足を思うとおりに動かせないし、言葉を話すことができない。

ただ、それだけで、あとは、もう全ての準備が揃っているよう。


だからこそ、そばにいる大人は、「まだ、わからないから。」と言わず、

どんどん話しかけ、相手をしてあげましょう。

世の中にあるものを紹介していきましょう。

人といること、この世に生きていることが楽しいと思えるように。



意識して、物を見る、聞くというのは、大人にも共通するコーチング・スキルの一つでもあります。

心を育てる「呼びかけの唄」は、大人の心も育てます。
[PR]
by yyumicoach | 2012-05-12 15:54 | 子育て

新しいこと始め。

今年に入ってスタートしたこと。

・facebookを始めたこと(これは半業務命令)
・twitterを始めたこと
・鍋もの用にカセットコンロを買ったこと
(もう10年以上使っているホットプレート、ダンナが飽きたから?)
・トイレのウォッシュレットが夏場に壊れたのでとりはずし、貼る便座カバーをつけ始めたこと。
(節電にもなるしね)


「新しいことを始めて、パターンを破れ!」というのは、いつもコーチ界の重鎮に言われること。

「パターン」は続けていると、考えなくなるから。

考えなくなると、脳を使わないようになるから。

脳を使わないと、老いるから!

いつまでも若々しくいるために、頭を新鮮にしておきましょう!


まず一番の反響は、トンチンから

「ウォッシュレットで水がでないと、ウ○チのときにきれいにならないよっ!」

あらあら・・ママが拭いてあげましょうか?

しばらくして、文句は収まりました^^


そして、今日鍋ものしてみたら、なんだかいつもと味がちがう。

「いつもと変わらないのに、なんだか、味がまるく、やわらかい感じがしない?」

ダンナに聞いたら、「うん、なんだか違うね」って。

これが「土」の力なのでしょうか?とっても不思議。


これまでと違うこと、やってみると面白いね^^

f0009781_23225973.jpg



明日は、おじやにしようか、うどんにしようか・・・
[PR]
by yyumicoach | 2012-02-05 00:21 | ご挨拶

子どもとの虹の架け橋 レインボーコラム

7月24日(日)、共育コーチング研究会主催のコーチングフェアは、今年もたいへんな盛り上がりのうちに終わりました。

毎回、「コーチのみなさんは、お元気ですね!」と言われますが、
参加者の方々も1日しゃべり通しのワークをし終わって、なお、みな、輝いていて元気なのです。

よいコミュニケーションは、人の心を軽く、明るくします。
アンチエイジングの秘訣でもあります^v^

報告はこちらです。


私は、今年も「はじめてコーチング」と「思春期の子をもつ親へのコーチング」を分科会で担当したのですが、
今年違うところは、お土産のブックレット製作を担当したこと。

タイトルは「子どもとの虹の架け橋 レインボーコラム」といいます。

f0009781_23442752.jpg

表紙は、フェアのチラシと連動しています。
そして、裏表紙にある後ろ姿も必見!

レインボーというだけあって、7つの章が子どもの年齢や子どもに関わる場面別に構成されていて
全部で14編のコラムが掲載されています。

普段研究会のセミナーは、代表的なコーチングスキルを紹介しているのですが、
それでは伝えきれないコーチングマインドを、どうにかして伝えたい、
そんな思いの結晶となりました。


子どもに接していると、いろんな発見があります。
それは、子ども自身の良さだったり、自分自身についての気づきだったり、さまざまですが

とりわけ、子ども達が人を想う心の深さには、この世に生を受けて数年しか経ってないのに!と
畏敬の念を抱いてしまいます。

このコラムには、多くの子ども達が出てきます。
どの子ども達も一生懸命、自分の生を生きています。
それは、それは、眩しいほどに。

きっと、あなたのそばにいるお子さんも、そのような一生懸命な1人なのではないでしょうか?

「一生懸命、生きているんだ。」
「こんなにいろんなことを、この頭で、心で考えているんだ。」

「キミって、すごいね~!」  こちらがそんな風な想いで接してみると、
不思議と、子どもの目の輝きが違ってきます。

だまされたと思って、子どもに試してみて!
そして、しっかり違いを見留めてみてくださいね。
[PR]
by yyumicoach | 2011-08-01 23:49 | コーチング

中学受験を迎える子の親は、今何をしたらいいんだろう?

私立、国公立の中学校を受験する小学校6年の娘アンニンのお友だちは、すっかり受験シーズンに突入しました。

朝早くから、慣れない電車に乗って、ラッシュにもまれて試験会場に向かうんですよね。
関東は晴天続きではあるけれど、とっても寒~~い!

これまで学校の行事や宿題も多い中、塾通いを続けてきたお友だち。
どうか、これまで蓄えた実力を精一杯発揮してきてください。

そしてママやパパも、きっと子どものことを思って、とっても気を揉んでいるでしょうけれど
余計なことして子どものストレスを増やさないでね(笑)

そんな受験まっただなかの今日は、友人のコーチのブログを紹介します。

この時期、頑張る子どもに親は何をしたらいいんだろう?
そんな風に迷ったら、ぜひ、「お母さんのための中学受験サポート講座」に行ってみて下さい。

彼は、アルファベット一文字で有名な某通信講座のブックレットにも連載している名コーチです。
普段は家庭教師をしていて、子どもを見る目は優しい人です。
都内を単車で駆け巡るアクティブな人です。
人柄もお奨めです。


一緒に活動している「共育コーチング研究会」のブログもお薦めです。
メルマガ配信もしていますから、購読してみてくださ~い。
PC版メルマガ、 携帯版メルマガ


〈今年の足跡〉

ブログの更新 5
読書 1
お弁当つくり 8
ストレッチ 4
コーチングセッション 1
[PR]
by yyumicoach | 2011-01-18 22:22 | 子育て

コーチングフェア、終了しました!

6月13日(日)、第8回コーチングフェアが終了しました!

4月からご無沙汰でした!
この1ヶ月はフェアの準備もあって、忙しく過ごしておりました。

・・・が、終わったぁ!!!!


フェアの申込締切日には、定員を超える申込があり、その後も続々追加連絡が入る盛況ぶりでした。

そのうちの多くの方がコーチングの入門者ということで、自分が担当する分科会に参加することがわかった1週間前は、桃色吐息・・・ちがう、ちがう!青息吐息!

何故って、100人近い人を前にして話をする想定でリハーサルをしたら、あいたた・・なフィードバックをもらって顔面蒼白、自信喪失。

何人もの人に泣き言を言いながら、本番5日前に決心した。

泣き言をとことん言おう!そして、それは今日までにしよう!!


学生コーチング分科会の花岡コーチが言っていたけれど、「自分って、なんてダメなのっ!」って思うのって、実はとても気持ちのいいものなんだって。

自己憐憫、ダメな自分に陶酔する・・・って感じね。


そんな訳で、本番4日前にはゼロからのスタート。

ひたすら、理想の自分自身のイメージを膨らませ、

3日前からスクリプトを書き直し、

2日前から子ども達をコーチに、ひたすら練習、練習。

アンニンは、「今の言葉、意味わかんない。」 ・・・なるほど、率直なお言葉。

トンチンは、「ハイ、10秒前、9、8・・・・3!入ってきて!!・・1、スタート!」・・・演技指導付き。

その上、「ハイ、カット!今、つっかえたから最初からやって!」・・・鬼監督は、最初の所だけで30回くらいやり直しさせる。

私 「えぇ~!?またぁ?勘弁して下さいよ~!」


鬼監督、とっても偉そうなの。

でもね、彼らのペースに乗っかってたら、なんかおかしくて、楽しくて、

なんだ、今の気分で本番もやればいいんじゃない?と思ったら、

ものすごく、気が楽になりました。


結果、本番は大成功! 名コーチがついていたからかな?

また一つ、ブレークスルーした6月でした。


■ コーチングのお誘い ■

■ 国内有数のコーチが、コラムをお届けします ■

平日毎日、リレーコラムを掲載しています。子育て、教育に関すること等、のぞいてみてね。

同じ内容がメルマガでも読めます。ご希望の方は下記をクリックしてください。
PCからは http://archive.mag2.com/0001066020/index.html
携帯からは a0001066020@mobile.mag2.com に空メールを送信してください。
[PR]
by yyumicoach | 2010-06-14 23:52 | コーチング

春です。コメント承認制にしました。

f0009781_10364621.jpg


今年のサクラ(ソメイヨシノ)、関東は花見の時期が1週間以上もあって、

タンと胆のう・・・いやいや、お酒抜きです! 堪能してきました!!

武蔵野は、多摩湖サイクリングロード。

週末行ったときは、花びらが道路に敷き詰められてまるで雪のよう。

空をあおげば、サクラのトンネル。

若葉が芽吹く香りもどこからかして、

冬だか春だか、初夏だか、一瞬季節感を見失うところでした。


10年ぶりくらいで今年は鎌倉山のサクラも、車で走り抜けるだけでしたが、とても見事でキレイ。

普段慌ただしい毎日なだけに、いっときでも自然のリズムや季節の移り変わりを感じる、

そんな瞬間をたくさん持てたらいいな・・と感じたサクラの季節でした。



あなたは、サクラの季節に何を感じましたか?


※ コメント承認制にしました。気軽に書き込んでくださいね♪
公開したくない方は、そう書いていただければ私止まりになります。


■ コーチングのお誘い ■

コーチング初めての方も、すでにご存じの方にも気軽に触れていただける
共育コーチング研究会のコーチング・フェアが、6月13日(日)10;00から開催します。

一般;1,000円、学生;500円(当日支払い)

対象は、お子さんに関わる方(親、祖父母、教育関係、保育関係etc)と 学生(高校生以上)です。

詳しくは、こちらをご覧ください。  


■ 国内有数のコーチが、コラムをお届けします ■

平日毎日、リレーコラムを掲載しています。子育て、教育に関すること等、のぞいてみてね。

同じ内容がメルマガでも読めます。ご希望の方は下記をクリックしてください。
PCからは http://archive.mag2.com/0001066020/index.html
携帯からは a0001066020@mobile.mag2.com に空メールを送信してください。
[PR]
by yyumicoach | 2010-04-14 10:33 | コーチング

発達障害とコーチング

発達障害にコーチングは有効か?というテーマで集まった、先月の「発達障害サポートコーチング研究会」。

報告ができぬまま、日が経ってしまいました。
とても実りの多い2時間だったのです。

研究会に集まったのは、療育や学習支援の関係者、就労支援者、福祉関係者、当事者(=障害をもっている人のことね)、当事者の保護者、そしてコーチ。

大石稜子先生の「答えは、その人の中にある」を基調にしたスピーチと、小林浩一さんの就労支援をした体験談を皮切りに、たくさんの人たちが集まって、ワイガヤ・・

まずは思いを出し合って、これからの方向性をどこに持って行ったらよいのかを探りました。


保護者の方々からは、子どもの就職を目の前にして、やれることはやっておきたいという意見がでて
「夏休みに、コーチングをつかった就活トレーニングはできないでしょうか?」
保護者の切実な思いが伝わってきました。

子の将来を思う気持ちやこれからの不安は、とても大きいだろうなぁ。
ヒントを求めて、こうした研究会に足を運ばれたに違いありません。

就労は、障害のあるなしに関わらず、自立に向けた大きなテーマなのです。

その就労支援についての講演会が10月にあります。
講演会の演者の1人、南雲明彦さんは、
LD(学習障害)をもち、当事者の視点から保護者や教育関係者に発信をしている方です。

「Panda-J」という雑誌の表紙になっていて、職場の回覧で読んで生いたちに感動したのです。で、
「この雑誌、面白いんです。表紙の人、かっこいいんです!」とそのまま雑誌の感想を、発達障害サポートのMLに流したら、

本人から、「それは、私です。」とメールをいただいた・・・><;きゃー!うれし、はずかし

10月の講演会では、南雲さんと彼のコーチ・佐々木宏さんが、
「コーチングを活用した発達障害就労支援」というテーマで話してくださいます。

また南雲さんの本も近日(8月26日)、集英社から発刊の予定です。
  「僕は字が読めない-読字障害(ディスレクシア)と戦いつづけた南雲明彦の24年」(小菅宏・著)

ご興味のある方、どうぞ続けてお読みください。

---------------▼--------------

More
[PR]
by yyumicoach | 2009-08-08 15:58 | コーチング


つよみコーチング・子育て・思春期・メンタルヘルス・精神保健が専門。共育コーチング研究会所属コーチ。NP(Nobody's Perfect Program)認定ファシリテーター。別名:「永遠の女子大生コーチ」


by yyumicoach

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

タグ

<<プロフィール>>

にほんブログ村 子育てブログへ
 ↑ ↑ ↑
登録してみました^^
☆クリック,ありがとうございます☆

肩の力を抜いて、深呼吸。空気の匂いで、今の季節を感じると、自然体の自分でいられるよう・・         
高校1年、杏仁(アンニン)と中学1年、頓珍(トンチン)の2児の母。ワハハな子ども達に支えられ、日々成長している様子をお伝えします♪


研究会のメンバーが日替わり交代で書きつづる「共育コーチング研究会」リレーコラム
☆月1回のペースでコラム書いてます。応援をお願いします。

新着ニュース♪
<< 2014年秋の思春期コーチングセミナー、11月9日(日)に開催します!スケジュールを空けて来てね。>>



お世話になってます!
共育コーチング研究会のみなさま
「受験生を持つお母さんの為のコーチング」 花岡司さん

marikocoachさん

大石稜子さん

プロフェッショナルコーチ 畑 さち子さん

NY発 夢の実現・人間力アップの為のコーチング ICF 国際プロフェショナルコーチの 青木理恵さん


「yuiちゃんのコーチング子育て見聞記」 鈴木結子さん


 共育コーチング研究会の、強力な応援者「ぶくさん」の詩句ブログ

メダリストコーチ 井原くみ子さん
「鏡の法則」 野口コーチさん


☆★子育て関連リンク★☆


知育おもちゃ屋 LANDC【ランドック】



ママのキャリアを応援する ままきゃりプロジェクト


子育て、仕事を一服して音楽を♪ 

ハワイの風 視聴できます 


ハワイの風 MAYUKOのオフィシャルブログ 




★フラワーエッセンス★
Seeds of Angelica -大ちゃん フラワーエッセンスとハンズオンヒーリングのお店


☆なつかしい鎌高仲間☆
★荒井家の大多喜便り


★今の日本を外から知る★

★海外のニュースソースを日本語訳して紹介する:星の金貨プロジェクト

★世界を視るフォトジャーナリズム:DAYS JAPAN

★ホームレスが売る雑誌:BIG ISSUE





カテゴリ

全体
ご挨拶
子育て
コーチング
ココロ・メンテナンス
口福サロン
ハチドリのひとしずく
ささやかな幸せ
生涯学習
気がつけば精神世界系
未分類

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
more...

お気に入りブログ

とにかく、やってみるっ!!
幸せコーチング
薬膳のチカラ
仙台の華麗なるブログ書き
気づきと対話の中から ...
うおぬまの毎日♪ Exp...

ライフログ

子どもの能力を引き出す親と教師のためのやさしいコーチング

大石 良子著
実践 親子会話術-子育てコーチング

谷口 貴彦著
この気もち伝えたい

伊藤 守著

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧