タグ:発達障がい ( 4 ) タグの人気記事

教育で変わる、教育を変える

こんにちは。藤沢由美子です。

先週は、友人の体験談、『自閉症サバイバーのひみつ道具』を紹介してきました。

発達障がいに限らず、現場では、病名がついたり、地域の資源につながることが、しばしば関わる専門家のゴールになってしまい、「で、この後どうすればいいの?」と当人やその家族は途方にくれる。。これから生活は延々と続いていくというのに、ということが、まだまだあります。

日常生活で見本となる人が、身近に見当たらないからなんですね。
海外に目を向けると、有名人と言われる人がカミングアウトしています。日本でも増えていますね。
カミングアウトが、おそらく勇気のいることだと思うと、彼ら彼女らのカミングアウトは、私たちに勇気と希望を与えてくれるものです。


日本でも、障がいをもっても総理大臣になれる、夢や希望が当たり前に広がるそんな時代が来たら、ずいぶんみんな住みやすくなるんじゃないかしら?

日本の行政制度は、障がいという概念ができるかできないかの昔の時代からずっと続いていて、教育分野もここにガッツリと組み込まれています。
困りごとに対して、時代時代でいろいろ手をうってきてはいますが、最初のコンセプトから、多くの子どもたちを一斉に教え込む、戦後復興と高度経済成長に合わせたものですから、現実とズレが起きるのは当然なのかもしれません。
こうしたズレをどう解消していくか、地道な活動が各地で起こり、試行錯誤しています。そんな中から、一つの試みを紹介します。



今の教育システムに合わない子どもたちが1割以上もいる、ということは、今の教育システムを変える必要がある、ということです。今後は、国へ教育制度そのものを見直してもらうような活動も本格化していきたいと思います。(本文抜粋)

行政まかせ、親まかせにしない。
人生折り返し地点を通過した今、気がついた人から動いていく、そんなリーダーシップを育てていきたいと思っています。







[PR]
by yyumicoach | 2015-03-04 14:53 | 子育て

自閉症サバイバーのひみつ道具③

こんにちは。

一昨日、昨日とコラムを続けてきて、ふと、自分の小学校時代を思い出しました。

私は読書好き…というか、文字中毒のようなところがあって、朝、新聞に目を通さないと落ち着きません。

小学校の頃は、新聞こそ読みませんでしたが、目に入る本は片っ端から読んでいました。
実家のお隣に同級生が住んでいて、よくクラスや近所の数人でそのお家に遊びに行くのですが、
私はもちろん友だちと遊ぶこともありましたが、そのお家にある分厚い、シリーズ物の、例えば「大草原の小さな家」みたいな本が読みたくて、結構座り込んで読んでいることが多かったのでした。

ある日、母が言うのです。
「お隣の⚪︎⚪︎さんが、ゆみちゃんって変わってるわねーって言ってたわよ。」

そういう母も、そんな身も蓋もない言い方しなくてもいいと思うのですが…
ま、しょうがないですね。
そのときは、友だちより本の方が好きだったんだから 笑

私は、かなりマイペースな人間なんだと、自覚するようになったのは大人になってから。
社会に出て、人と接する中で
「他人はこう考えるんだー、変わってるなー」「こういうもの言いはしないんだー」
と、思うことが多かったのですが、実は他人が変わっているんじゃなくて、
自分が変わっていたんだってこと、ずいぶん時間がかかってからわかりました ∑(゚Д゚)


このマイペースな感じを矯正されそうになったら、かなり人生が生きづらかっただろうなぁと思います。
まだ、どこかのんびりが残っていて、ご近所も寛容だった時代で良かったと思います。


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚*・*:.。. .。.:*・゜゚・*

友人のSさんからシェアしてもらった 『自閉症サバイバーのひみつ道具③』



以前、子どもの発達センターという就学前の子どもたちが通うところで実習をしたとき
1日の流れを、絵の描かれたカード何枚かを並べて表示してありました。

こうすることで、今日は何をするのか、次は何をするのか一目でわかります。
まだ字が読めない年齢には、こうした工夫が役に立つんですね。
特に不安が強い子には、こうした配慮があると、安心してもらえます。

特に子どもは、障がいの有無にかかわらず、何かに集中していると、何を言われても耳に入らないってこと、よくありますから。

大人はTV見ながら、家族と話をするってなんてことなくやりますが
子どもは一つの感覚器官を使っていると、他のは使えないんです。
まだ、そんなに器用ではないのです。

だから、「時間だから、寝なさい!」というよりは
時計の絵を描いて、「この時計の針が、この絵と同じところを指したら、寝る時間ね」と説明されれば、子どもの方も納得感があるのです。



*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚*・*:.。. .。.:*・゜゚・*

【次回、『満月の感謝祭』のお知らせ】

3月の満月は、3月6日(金曜)3:05 です。

◎満月を迎える2日前、3月4日(水)19:00 - 21:00
『人生が変わるメンタルトレーニング(Points of you を活用して』を開催します。
@Mud Coffee 渋谷駅西口より徒歩2分

少人数制です。お気軽にどうぞ。

◎この6日の前後、5日(木)、6日(金)、7日(土)に、個別セッション枠を用意しました。電話またはSkype で行います。

5日(木)、6日(金)は、各日2枠 →ひと枠ずつになりました。
20:00 〜
21:00 〜

7日(土) → 埋まりました。
9:00 〜
10:00 〜

この他の時間は応相談です。

また、2月28日まではモニター期間として
無料セッション中!

問合せだけでもお気軽に
yyumicoach☆gmail.com までご連絡ください。
(送信時、☆→@に替えてお送りください)

[PR]
by yyumicoach | 2015-02-27 10:00

自閉症サバイバーのひみつ道具②

こんにちは。
昨日に引続き、友人のSさんがシェアしてくれた『自閉症サバイバーのひみつ道具②』をご紹介します。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



f0009781_21561836.jpg
不安やイライラがなくなるって、自分も家族も助かりますよね。

左右見開きのカレンダー、面白い発想です。
ひみつ道具、よかったら、あなたの体験談をシェアしてくださいね!


*・゜゚・*:.。..。.:*・'*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


【次回、『満月の感謝祭』のお知らせ】

3月の満月は、3月6日(金曜)3:05 です。

◎満月を迎える2日前、3月4日(水)19:00 - 21:00
『人生が変わるメンタルトレーニング(Points of you を活用して』を開催します。
@Mud Coffee 渋谷駅西口より徒歩2分

少人数制です。お気軽にどうぞ。

◎この6日の前後、5日(木)、6日(金)、7日(土)に、個別セッション枠を用意しました。電話またはSkype で行います。

5日(木)、6日(金)は、各日2枠 →ひと枠ずつになりました。
20:00 〜
21:00 〜

7日(土) → 埋まりました。
9:00 〜
10:00 〜

この他の時間は応相談です。

また、2月28日まではモニター期間として
無料セッション中!

問合せだけでもお気軽に
yyumicoach☆gmail.com までご連絡ください。
(送信時、☆→@に替えてお送りください)


[PR]
by yyumicoach | 2015-02-26 22:37 | コーチング

自閉症サバイバーのひみつ道具①

友人・知人と話していて、ときどき、

「私って、発達障がいなんだ」と、告白されることがあります。

「へ、そうなんだ。気づかなかった!」と答えることもあるし、
「ふーん、こだわりはあるなあ、と思ってた」と答えた人もいました。

たぶん、それって、初めて「あなた(のお子さん)は、発達障がいです。」と診断を受けたときの、その感覚に近いものがあるように感じるのです。

「そうなんだ。で、どうしたらいいの?」

学校の教室に、統計上は必ず1人、2人はいるといわれる、発達障がいの要素を持った人。
特徴が一つにくくれないことも、全体像を把握しようとすると難しい要因なのですね。

すでに成人している友人がシェアしてくれた「自閉症サバイバーのひみつ道具」を紹介したい…と書き始めたところで、
かつてサポートしていた就学前の男の子のことを思い出したので、書いておきたいと思います。

彼ー名前は、Aくん、最初に会った時、言っちゃなんだが、とてもおちつきのない子でした。
会議室でお母さんと面会した時、部屋に設置してある資料や物品をひたすらいじって、動き変わっていました。

ただ、就学前の年齢だと、子どもの行動にも幅があって、Aくんは幅の端スレスレといったところでした。
お母さんは、「座ってなさい!」と注意されますが、言葉はAくんの耳に入らないようです。

お子さんと一緒の席でお話をする場合、私は、15分刻みで内容を考えることが多いのですが、もって30分と思っています。
この年齢で45分付き合ってくれる子は、スゴイ!と思っています。

で、このときは、お母さんがAくんのことを気にして、しょっちゅう注意するので、早く話を終わらせたかったところが、逆の結果になってしまいました。
30分経ったところで話が進まず、Aくんは部屋の中に飽きてしまって、部屋から出ようとしました。
お母さんは「ダメダメ、中にいなさい。」と仰いますが、ここは諦めていただいて、他のスタッフに部屋の外で相手をしてもらって、お母さんとの話を終わらせた、そんな経験があります。

…ここまで読むと、なんとなく、Aくんの傾向が分かったと思われた方がいると思います。

さて、この面談後、週一回、一対一でお預かりしたときのこと。
対応したスタッフから、こんな話を聞きました。

「Aくん、とっても頭がいいんです。毎回パズルを用意しておくんですが、ものすごく集中して、1人でやり遂げるんです。最初は横にいて、手伝おうとしたのですが、Aくん『いいよ』って、手を出させないので黙って見守ってます。それで来るたびに、毎回グレードが上がっちゃって、あの年では難しいレベルのパズルに取り組んでいます。

一ヶ所だけ触ってほしくないところがあって、大きな布で覆って、ここは触らないでね、約束よと伝えたら、それも守ってくれてるんですよ。

気になるのは、ドアの外に人が来て、ドアがカタッていうとき、飛び上がるんです。すごくかすかな音なんですが。」


うーん、そうですか… どういうことだろう?


いろいろ可能性を考えます。でも、分かっていることは、一対一で静かな環境にあると、彼は動き回らずに集中して居られるということです。

そして、たぶん小さな音が拾える耳を持っているのです。
だとしたら、家でTVがついていたり、兄弟が騒いでいたりすると、家の中は彼にとって賑やかすぎる場所で、時には落ち着かないのではないかな…
(後で確認したら、TVはBGM代わりに、ずっとつけているご家庭でした。)

しばらく、静かな環境でのサポートが続きましたが、諸々の事情で中断。
小学校入学してからの様子を伺うと、お教室で落ち着かず、時間中座っていられる自信を彼につけるためにも、短期間、薬を処方する診断がおりたとのことでした。

とても利発なAくんが小学校で苦労した様子を想像しました。
大人が環境を整えてあげられれば、もしかしたら、別の選択肢があったのではと、今でも思い出すのです。


一見しただけでは、特徴を断定できない発達障がい。
一人一人、みんなが違うように、特徴にも一人一人個性があるのだと、思い返しています。


*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


前振りが長くなりました。友人Sさんのシェア第一弾をお届けします。

「自閉症サバイバーのひみつ道具①」


家族間でもコミュニケーショントラブルが起きることは、しばしば。
耳で聞いても理解しきれなかったり、すぐに忘れてしまったり。
そこで我が家に誕生したのがコノ「連絡ノート」。
朝、起きたら私も両親もこれを開いて情報をチェック。確認したら、サイン。
自分から発信したい情報があれば書き込みます。
家族からの連絡も文字になるとわかりやすいし
いつでも見返すことができるので便利★
苦手があっても工夫と協力で乗り越えていく!

《 リング式の大学ノートの写真 》

シリーズで続く…


============================

【 お知らせ 】

日時:3月4日(水) 19:00 - 21:00

65枚の写真入りのカードをコミュニケーションツールとして、右脳を刺激し、直感的に多くの発想を引き出します。これまでの見方、発想に加えて、新しい視点、発想、思考パターンを手に入れることができるでしょう。

話すのが苦手という方も、少人数制なのでお茶を飲みながらリラックスして参加できますよ。
どうぞ、お待ちしています!

場所:Mud Coffee 渋谷駅西口より2分
参加費:4,000円 (お茶・デザート付)
連絡先:yyumicoach☆gmail.com ☆→@に代えて送信してください。
(藤沢 )










[PR]
by yyumicoach | 2015-02-25 13:14 | 子育て


つよみコーチング・子育て・思春期・メンタルヘルス・精神保健が専門。共育コーチング研究会所属コーチ。NP(Nobody's Perfect Program)認定ファシリテーター。別名:「永遠の女子大生コーチ」


by yyumicoach

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

タグ

<<プロフィール>>

にほんブログ村 子育てブログへ
 ↑ ↑ ↑
登録してみました^^
☆クリック,ありがとうございます☆

肩の力を抜いて、深呼吸。空気の匂いで、今の季節を感じると、自然体の自分でいられるよう・・         
高校1年、杏仁(アンニン)と中学1年、頓珍(トンチン)の2児の母。ワハハな子ども達に支えられ、日々成長している様子をお伝えします♪


研究会のメンバーが日替わり交代で書きつづる「共育コーチング研究会」リレーコラム
☆月1回のペースでコラム書いてます。応援をお願いします。

新着ニュース♪
<< 2014年秋の思春期コーチングセミナー、11月9日(日)に開催します!スケジュールを空けて来てね。>>



お世話になってます!
共育コーチング研究会のみなさま
「受験生を持つお母さんの為のコーチング」 花岡司さん

marikocoachさん

大石稜子さん

プロフェッショナルコーチ 畑 さち子さん

NY発 夢の実現・人間力アップの為のコーチング ICF 国際プロフェショナルコーチの 青木理恵さん


「yuiちゃんのコーチング子育て見聞記」 鈴木結子さん


 共育コーチング研究会の、強力な応援者「ぶくさん」の詩句ブログ

メダリストコーチ 井原くみ子さん
「鏡の法則」 野口コーチさん


☆★子育て関連リンク★☆


知育おもちゃ屋 LANDC【ランドック】



ママのキャリアを応援する ままきゃりプロジェクト


子育て、仕事を一服して音楽を♪ 

ハワイの風 視聴できます 


ハワイの風 MAYUKOのオフィシャルブログ 




★フラワーエッセンス★
Seeds of Angelica -大ちゃん フラワーエッセンスとハンズオンヒーリングのお店


☆なつかしい鎌高仲間☆
★荒井家の大多喜便り


★今の日本を外から知る★

★海外のニュースソースを日本語訳して紹介する:星の金貨プロジェクト

★世界を視るフォトジャーナリズム:DAYS JAPAN

★ホームレスが売る雑誌:BIG ISSUE





カテゴリ

全体
ご挨拶
子育て
コーチング
ココロ・メンテナンス
口福サロン
ハチドリのひとしずく
ささやかな幸せ
生涯学習
気がつけば精神世界系
未分類

以前の記事

2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
more...

お気に入りブログ

とにかく、やってみるっ!!
幸せコーチング
薬膳のチカラ
仙台の華麗なるブログ書き
気づきと対話の中から ...
うおぬまの毎日♪ Exp...

ライフログ

子どもの能力を引き出す親と教師のためのやさしいコーチング

大石 良子著
実践 親子会話術-子育てコーチング

谷口 貴彦著
この気もち伝えたい

伊藤 守著

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧